neo clean

NEOCLEAN は溶材の代用品として、有機物(油・タンパク質汚れ・ニオイ)
を分解できる、洗浄剤でありながら、経口毒性、除菌レベルからみても、安全・安心をお届け
出来る、トータル洗浄剤です。
  ◎NEOCLEAN の特徴
  NEO CLEAN がこれまでの洗浄剤・消臭剤と全く違う点を一言で言い表すと「有機物を分解してしまう」という事です。
 身の回りや、多くの工場・製造関連で困っている汚れや臭いの元(油も含む)は殆どが有機物ですが、NEO CLEAN は
 有機物を分解してしまいます。さらに使⽤後の副次的効果として洗浄⾯における汚れの再付着防⽌・防錆抑制・光沢復元
 ・静電防⽌・除菌・消臭といった効能が NEO CLEAN のメリットです。
  ◎洗浄メカニズム
  通常、硬⽔と軟⽔の洗浄⼒を⽐較した場合、軟⽔の⽅が洗浄効果がより⾼いと言われております。
 NEO CLEANは世界中どこの⽔で希釈しても、その⽔の硬度を限りなくゼロ化し、軟⽔化いたします。その上、
 希釈した瞬間に⽔の分子(クラスター)を微細化するので、汚れの間へどんどん染込んでいき、さらなる洗浄効果をもたらします。
 汚れを落とすメカニズムというのは、細かくなったクラスターが汚れに染込んで汚れを脱離するというものです。
 したがって様々な洗浄装置との組み合わせ(⾼圧洗浄機、エアレー ション、超音波、ポリッシングマシンなど)についても
 全く問題もなく、更なる洗浄効果と副次的効果で満⾜頂けると考えます。
 NEO CLEAN は様々な汚れ落としに効果がありますが、 対象物に付着している汚れの種類よりはむしろ汚れの厚み・
 密度が落ち具合のポイントとなります。
NEOCLEANが汚れにしみ込み、強引に引き離します、汚れ分は排⽔後、⾃然界の微⽣物により分解されます。
  ◎アルカリイオン洗浄⽔や他の除菌効果のある洗浄剤との⼤きな違いは︖
  アルカリイオン⽔も一般の⽔と⽐べてクラスターは⼩さいので汚れが落ちやすくなります。
 除菌効果のあるタイプも安全性についてもまったく問題ありませんが、除菌/ 消臭効果・防錆効果・光沢復元・汚れの
 再付着防⽌効果といった副次的 効果はあまりありません。それに⽐べNEO CLEAN には使⽤後の汚れた廃液を
 分離層へ流し、汚れがこれまで以上に再付着することなく有機物残渣を分解促進させ、 ⽔質を改善していくような
 アドバンテージ、更に安全⾯はNEO CLEAN 特有のメリットと考えます。
  ◆ NEO CLEAN 導入のメリット
  これまでの洗浄剤は…
これまで、泡⽴ちを重視した洗剤、即効性を重視した灯油や溶剤系洗剤では、
(1)洗浄シーンごとに洗剤がバラバラで、法律規制が厳しく安全指導・在庫管理が⼤変困難。
(2)洗浄後すすぎが⼤変だったり、べとつきが残るったり製品への品質影響(腐食)が心配。
(3)溶剤系で⾦型やクーリングタワー配管、フライヤーや厨房フィルターを洗うとボロボロになり、
 荒れるため汚れが早く付き悪循環である。
(4)毒性や安全性(食添だから安心というのは間違いetc…)にかなり疑問がある。
(5)廃液をグリスト、⼜、油⽔分離漕へ流すと配管内が詰まったり、ニオイが出る上、スカム化・ヘドロ化が酷くなる。
(1)各洗浄シーンに適⽤できるので洗浄剤の1本化が図れる。また、PRTR法・ELV規制などに抵触しません。
(2)泡⽴ちがすくないのですすぎ性が非常によく節⽔になり、ベトつきが残りません。
  またアルミ・銅・ゴムへの影響が殆どありません。
(3)⾦属表⾯を荒らさないので施設・装置寿命を延ばし、継続使⽤することで汚れも付きにくくなります。
(4)原液でも食塩の6倍以上安全性が⾼く、洗浄⾯は除菌効果もあり、食品工場でも使われています。
(5) 廃液をグリスト、また油⽔分離漕へ流すと配管内の詰まりやニオイを分解し、さらにグリスト内の
  スカム化・ヘドロ化の軽減が可能となります。
  NEOCLEAN 使用例
● 工場など
床洗浄機・ワイヤ-ポリッシャ-
部品洗浄(超音波洗浄機)⾃動⾞部品洗浄
油⽔分離槽の清掃(悪臭除去/スカム・残渣清掃)
その他
● 飲食店など
フライヤー洗浄
フードレンジ・グリル洗浄
キッチン回り洗浄
床・テーブル・トイレ清掃
頑固な汚れも付け置き放置の後、バットやブラシでブラッシング…。
更に、廃液は配管内の詰まりや、ニオイを分解します。
只今、お試し⽤サンプルをご利⽤できますので、ご希望の⽅は、下記まで
お気軽にお問合せ下さい。
各種、取扱い説明書もご⽤意しております。
028-3824-6018

delivery fee

現在この商品は在庫切れでご利用出来ません

商品コード: neoclean 商品カテゴリー: